現物と比較した証券への投資 - 証券の比較は信用でよくわかる

現物と比較した証券への投資

証券とは、何らかの価値を持つ契約を指し、具体的には株式や債券、REIT、投資信託などがあります。

投資をするといった時には、それとは別に現物に投資することも含まれます。

証券比較の情報を手に入れてみませんか?

例えば不動産、金やプラチナなどの貴金属に投資をすることもありえるでしょう。


このように現物と証券とがあり、それぞれで特徴は異なります。
現物に投資をするメリットは、それが実物資産であることです。例えば不動産に投資をしようと思った時には、不動産を入手することになります。不動産ですから、目に見える資産だといえるでしょう。



わかりやすく、運用もしやすいと考えられますし、リスクもわかりやすいという特徴があります。証券は、株式や債券などのように契約に過ぎませんから、目には見えません。



かつては株券というものがあって、それを目にすることは出来ましたが、現在は電子化が進んだことによって株券さえなくなっている状態です。

ですから、初めて投資をする人にとってはわかりにくいと感じることもあるでしょう。しかし、流動性の面では非常に優れています。


現物の資産と比較した場合、売買が非常にしやすいという特徴があるのです。


例えば現物の不動産の売買をしようと思えば、数ヶ月くらいかかるのが普通です。
しかし、株式の場合には、売買するのは非常に簡単で、キャッシュ化することを考えても数日あれば問題はありません。

流動性が非常に高いですから、スピーディに取引をしたいという人にとって適しています。