アメリカと中国の有価証券の比較 - 証券の比較は信用でよくわかる

アメリカと中国の有価証券の比較

日本の証券会社ではアメリカと中国の個別企業の有価証券を購入できるところが多くなっています。

証券比較に関する情報満載です。

そこで、アメリカと中国の有価証券の動向を以下で比較していきたいと思います。



現在、アメリカの景気は順調に回復をしてきています。



逆に中国の景気は鈍化を続けている状況が生まれています。
そのため、アメリカの個別株は長期で価値が上昇していく可能性があるのに対して、中国の個別株は株価が伸び悩む可能性があると考えます。


しかし、中国では景気の低迷によって政府が大規模な景気対策を打つことになれば、中国の個別株は反発に転じることもあるかもしれません。

また、アメリカでは金融政策として金利を引き上げていく方向性があるのに対して、中国では実質的に金融緩和をしていく方向性があります。そのため、アメリカでは金利の引き上げによって一時的に株価が下落することも起こり得ます。
しかし、その後はアメリカでは株価が上昇に転じていくことが期待されるところです。


一方、中国では今後も通貨の切り下げが行われる可能性があり、株価の動向は見通せない状況があります。
以上から現時点ではアメリカと中国のどちらに投資をするかとなると、アメリカに投資をした方が見返りが期待できると感じます。しかし、数年後に中国で大きな経済危機が起こるようであれば、アメリカ経済もそれに引っ張られることも考えられます。

したがって、アメリカに投資をするとしても、リスク管理を徹底するような買い方をする必要があります。