ブーツが原因でタムシに?抗真菌薬で治せるから大丈夫

たむしとは水虫と同じ「白癬菌(はくせんきん)」の感染症で、タムシも水虫も、同じ菌によって発症します。
違いは顔・胸・背中・もも・腕などに感染すればタムシ と言われ、発症した場所によって病名が変わります。

一般的にタムシにかかる人の数は男性に多いと思われがちですが女に差がありませんが、最近では女性の社会進出が進み、一日中靴を履いている女性が増えてきたこと、また通気性の悪く常に湿度の高い状態になりやすいブーツを履く女性も多いため女性、特に若い人に特に増えています。女性だからタムシになりにくいというわけでありません。

症状としてははじめに虫さされのような湿疹ができて強いかゆみがあるのが特徴です。
そしてその湿疹が徐々に輪のように広がり周囲にも同じような湿疹が出はじめます。
その後、縁がやや赤く盛り上がってきます。

また、時にはカサカサして皮がむけたり、小さな水泡、水ぶくれができたりもします。
感染したところから10円玉のように円状に湿疹が広がるので「ぜにたむし」とも言われています。

治療法は病院を受診して抗真菌薬の塗り薬を処方してもらうのですが今では処方箋が必要とされる効き目の強い抗真菌薬も法改正がされて薬局などでも普通に購入できるようになりました。忙しくて時間のない人には便利ですね。
 
自分でできる対処法もあります。まず、患部を清潔を保つこと。たむしは高温多湿で不潔な環境を好みます。石鹸でしっかりと洗った後、よく乾かすのがタムシ対策には一番効果的です。
また、ブーツはこもってしまうのでさける方が良いでしょう。履かなければいけないときは休憩中には通気性の良いものに履き替えるなど四六時中ブーツを履いてることがないようにしたいです。

抗真菌薬を塗ればすぐ治るというわけではなく、根気よく完治するまで薬を塗り続ける必要があります。少しよくなったからとやめてしまわないようにしましょう。