かかと水虫はケラチナミンではなく抗真菌薬で治療

タオルやスリッパを家族と共用して、使っているという家庭は少なくありません。
しかし、もし家族に水虫患者がいた場合、共用は止めましょう。

水虫は白癬菌というカビが起こす、皮膚感染症の1つです。
白癬菌は皮膚や爪のケラチンを溶かして、角質層にまで入り込みます。
水虫になった人の角質が剥がれ落ちると、その中には数多くの白癬菌が含まれているのです。

白癬菌がついたタオルやスリッパを共用した場合、白癬菌に感染するリスクはグンと高まるでしょう。

また、水虫と言えば痒みや皮膚がジュクジュクするといった症状が起こると考えがちですが、このような症状が出ないタイプもあるので注意が必要です。

角質増殖型水虫といって、かかとの角質が厚くなる症状が現れます。
あかぎれのようになるので、水虫とは思わずケラチナミンなどの市販薬でケアする方も少なくありません。
ケラチナミンには尿素が含まれており、保湿力に優れた市販薬です。
あかぎれの改善に効果はあるでしょうが、水虫のケアに使ってしまうと白癬菌の増殖を促す結果となってしまいます。

ケラチナミンでケアしても、かかとのあかぎれが治らないという場合は、水虫を疑って検査してみましょう。
もし、検査によって白癬菌が見つかっても、抗真菌薬で治療すれば完治できます。

かかと水虫の場合は、抗真菌作用のある外用薬で治療するケースがほとんどです。
毎日、外用薬を塗り続ける事で、少しずつですが白癬菌を死滅させます。
最近の抗真菌薬は白癬菌には大きな効果を発揮しても、皮膚には刺激が少ない為、治療で肌荒れを起こしてしまうという心配もありません。

かかと水虫は自分で水虫かどうか判断が難しい為、治療が遅れてしまいがちです。
少しでも「変だな?」と感じたら、専門医を受診しましょう。